Shopping Cart

Your cart is empty

Continue Shopping

SIGLE ORIGIN (INDIA MONSOON)

¥2,800

幻の黄金のコーヒー

独特の香味、黄金色の生豆インド独特の黄金の珈琲豆

5~6月に吹く南西のモンスーンを利用し、約7週間を経て独特の香味を持つインドモンスーンコーヒーが出来上がったと言われています。

かつて大航海の帆船の時代(15~17世紀)コーヒーをインドからヨーロッパの港まで輸送するのに半年かかり、この長い航海の間に船倉に保管されたコーヒー豆の保管状況はあまりよくありませんでしたが、そうやって運ばれているうちに船倉で通常の緑色から黄金色に変わり、独特の香味を持つようになりました。

時代は蒸気船の時代に代わり、スエズ運河が開通すると、インドからヨーロッパまでの航海日数は大幅に短縮され、このコーヒーは姿を消しました。

しかし、ヨーロッパの愛好家はインドコーヒー独特の香味を懐かしみ、黄金色のコーヒーを求める声は年々大きくなり、このモンスーンコーヒーは再び生産されました。


レギュラーコーヒー 

生豆生産国:インド

品種:アラビカ種 - ウォッシュド(水洗式)

[ フルーティーな酸味や甘味のある個性豊かな味わい ]

内容量:400g

COINCIDENCE COFFEEとは?
独自ルートにより、インド産地での生産から製造、焙煎までメーカーと協業開発。
稀少なインド産コーヒーを産地直送で楽しめます。

 

SIGLE ORIGIN (INDIA MONSOON)

¥2,800